<< 新学期开始了! 我快离开南昌! >>

硬座是真的硬=硬座(普通座席)は本当に固い

今朝、广东省海丰、近くの鱼后(でひとつの漢字=hou4,)门という街から帰って来ました。街の様子は次回以降。
d0094396_23504937.jpg

 ある友達が老家(=故郷)は海のそばだから遊びにきたら海鮮が沢山食べられるよ、と誘ってくれました。海鮮?!やった!家は仙尾の近くだから南昌から深圳に行く途中にある广东省惠州で列車を降り、バスで来るのが一番、と言われていたのでまず惠州へと。正直目的地がどこなのかよくわからないまま出発。夜8時40分頃南昌発のA367次。2日前に買ったもののやはり春节(=旧正月)の終わり、寝台は買えず。ざっと数えてみると今まで中国の列車に18泊ほどしていますが3泊软卧(=ruan3wo4,1等グリーン寝台)、他は全て硬卧(ying4wo4=2等寝台)。よって人生初の夜越しの硬座(=普通座席)。確かに安い。硬卧は200RMB以上するこの区間が57RMB。席が硬座の名の通り固く、石のようなのは知っています。赣州に行ったときも硬座に6時間程乗りました。しかし夜は未体験。驚いたのが一晩中車内灯マックス。安全上の問題でしょうが、このせいで寝てるような寝てないような状態。周囲の中国人の方々も様々な体勢を模索されているようでしたがそれはつらさの証明。惠州に着いたときはみなヤクザ映画のような表情。

d0094396_23514388.jpgd0094396_2352019.jpg
大学時代所属していた部の先輩などと5人で新疆に行ったことが有ります。そのとき列車の券が硬卧5枚買う予定が软卧3枚、硬座2枚でしか買えず。自分は软卧で北京からウルムチまで3泊、ぐうたらと。友人2人が3泊硬座。今回初めてウルムチ到着時2人でウオーとか叫んでた大喜びの姿が理解できました。これ3泊、想像できん。

d0094396_085995.jpg
 それで惠州に着いたんですが、駅前で仙尾行きのバスは、と聞くとはぁ〜、そんなんねぇ!というような答え。これは自分が行く所は結構な田舎なんではないか、と気付いた瞬間。しょうがないのでバスに乗り、汽车站(長距離バスステーション)に向かっていると友人からメール。「ご免、寝坊した、迎えに行くから2時間程待ってて!」片道車で2時間を迎えに来てくれると言われちょっと感動。でもさ、家は結局どこなの?
 汽车站2階で寝る事約1時間半、ついた、とのメールが。いやぁ有り難うと友人のおじさんの車に乗ったらまたすぐ爆睡、それからまた約1時間半、着いたよ、といわれ降りると海だ!どこここ?海丰近くの(鱼后)门?まず海丰が初耳だー!何はともあれ南昌を出て約16時間、久しぶりに海を見ました。
d0094396_1384284.jpg
最近自分は晴れ男。前日は雨と聞いてたのが快晴!
[PR]
by kinuta94 | 2007-02-28 23:28 | 旅路_travel
<< 新学期开始了! 我快离开南昌! >>