<< 学了写信的格式 UNIQLOCK >>

もう10月半ばだよ…

おもえば9月はゴタゴタと過ぎていきました。d0094396_625430.jpgd0094396_18142450.jpg
夏休み前の話では10月に新キャンパスに引越し予定。それなら1ヶ月大学が留学生泊めてる招待所に住めばちょうどいい。フロントの現場で一番偉いおばさんに旅行から帰ってきたら一人部屋住むからさ、と料金等相談してからお出かけ。そして8月後半、こっちから確認の電話入れたらもう一人部屋無い、韓国人の自費留学生が入ったと。そっちから連絡なしか…。おばちゃんとの間に信頼関係があると勘違いして文書にしなかった自分の落ち度。まぁ文書にしていても早いもの勝ちといわれそうですが。おばちゃんの言い分は韓国人が入居した前後数日、自分は夏休みだったと。もう何言ってもムダ、加えて大学も結局今学期引越ししないという話で、部屋探しを始めたわけです。招待所の3人部屋一日120元シャワートイレなし(=2階の共同の使用)に、ほかの客入れても良いという約束で1日30元で連泊しながら。

d0094396_673794.jpg このへんで9月3日、授業開始。でも勉強より部屋探しな毎日。招待所のおばちゃんは6人ぐらいいるんですが、そのなかに2人よく面倒見てくれる方々がいて、一緒に不動産屋行ったり、日々心配されたりと暮らしてました。しかし借りる期間が半年だと大学近くでは借りにくかった。また外に部屋を借りる中国人学生もいるので時期的に供給も追いついてない。初め大学内で700元家電付4階70平米、なんてちょうどいいのをつかんだんですが大家も一緒に警察いって居留申請しないといけない(老师がいいだしたが実情は大学招待所の住所のままで平気)、なんて条件だしたら大家は面倒だとダメ出し。その後も900元で大学内3DK家電なんでもあり、エアコン3台=広くて逆に住みたくない&家賃10カ月一括前払いで、というのでボツなどなど。写真の建物は一番下の階の物置を改装、なかにシャワーユニットなどが装備され人が暮らせるようになってる牢屋テイストワンルーム一月200元あり、らしい。

d0094396_6124115.jpg 探し始めて約一週間目の土曜日昼、師範大の知り合いの先生の結婚式に出席。式の終わった午後も部屋を見に。まず400元で一応大学内の物件。2階で面積50平米?ほど。2部屋とキッチントイレ。家電はなし。これが日本人的には笑えるほどボロい。こんなボロいの広くても迷惑なだけだと即拒否。で、その次に370元で26平米1階、大学の外、でもすぐ近くという物件。家電は窓枠にはまってるクーラーのみ。この時はそいつが温風を出せないことすら気付いてませんでした。不動産屋のこれで十分でしょ!という言葉にまぁひとりで勉強するんだから十分か、と契約。酒が残ってた?結構疲れてたし、部屋探し。この当時頭が完全に現地民価格にシフト済み。面倒見てくれるおばちゃんも初めギャグかと思いましたが本気で160元、200元などの太陽なしほぼ牢屋、なんてのを紹介してくれてましたし。現実多くの中国人学生はそおいった部屋にも住んでいるんですが。

突き当たり左に370元ルームが。
d0094396_636764.jpg


d0094396_5442325.jpgd0094396_5504090.jpg
 ちょっと日本を忘れていました。でカギもらって次の日メキシコ人とその部屋へ。着いたら彼はかなりビビってメキシコシティにはもうこんな部屋はないよー、と。 その午後日本人の方と部屋に行ったところ、これはやばい、370元では高い!確かに住んで住めんことはない。でもこの部屋では俺は欝になる、もう帰ろう、おまえ変な部屋見過ぎたんやろー!との的確なご意見。たしかに自分も滅入ってきました。そんな週末が終わって月曜日、授業に行くとアフリカンがざわざわ。なんか10月中にやっぱ新校区に引っ越す予定になったってさってさ!老師には、もう部屋借りちゃった?なんて聞かれました。この大学のそんなところには驚きません。すでに老师が何言っても事がおこるまで信じませんし。しかしこれが自分の中で部屋の契約をやめる言い訳となりました。大家と不動産屋には南昌大はほんと困るよ、俺も困ってるんだよ!と強調。内心はあの牢屋にすまなくなってホッと。結局手数料と今月分、それと敷金=1カ月分は帰ってきませんでした。約850元。人間余裕がない時ほど慎重に行動しないといけない、という授業料。その後フロントのおばちゃんからは酒のんで決めちゃダメでしょ!ともっともなご意見が。

 招待所の3人部屋生活は部屋にネットなし、時には家族連れが残り2つのベットに泊まったり、勉強とかしにくいったらありゃしない。つーか滅入って殆ど勉強してなかったし。おまけに貴重品すべて持って出歩かないといかん。そんな奇妙な暮らしに限界を感じ始めた9月半ば、ある友人(日本人)から旅行に行ってる間約2週間部屋使っていいとのお言葉が。有り難くトレンディドラマのような部屋で快適に生活。そこは広さ100平米ほど、区画の門にはゲートがあって保安員もいて、夜中には荷物調べられたり(=泥棒対策=それだけ泥棒多い)。建物の下はカードキーの電子ロック。そんな3階、学校まで歩くと20分ちょいの家電なし一月900元。数百元の差は日本で数万円の差があるのと同じことですから部屋が全然違います。
d0094396_635209.jpg

d0094396_18413440.jpg そして10月半ばの現在、大学招待所の一人部屋に住めています。韓国人留学生が外に部屋を借りた(一月1300元!だって)お陰。外に部屋借りない、探さない、と決めたらようやくスッキリ勉強できるようになってきました。ここまでホント長かった。ある人には師範大にいかなかったのが一番の失敗だ、なんていわれました。一応南昌大学に愛着があるのでその点さほど後悔はありません。ただ人には絶対この大学は勧めない。この大学にもいい老師はいますし、勉強は結局個人の努力ですがしかし、事務や運営が良くない。もっと面倒が少なく、勉強に集中できる大学があるでしょう。例えばこの街でも江西师范大学のほうが中国語学習向き。新キャンパスに外国人寮もあり、一応HSK対策の授業もある。周囲に何も無いため必然的に勉強しやすく、相互学習相手も見つけ易い。自費留学生で初め南昌大学にいて江西师范大学に移る人はいますがその反対、江西师范大学から南昌大学に移って来る人はいません。今年の5月、南大国際交流学院の中間管理職?な老师に留学生にとって唯一重要な試験はHSKだからもっと重視して対策してくれ、と言ったらいや、誰々、誰々はHSK申し込んでない、だからあんたの言うことは大して正しくない、なんて言われガックし。
 ちなみに今住んでいる部屋はシャワートイレなし、諸経費込みで1月900元。今学期からネットも無料になったのは嬉しい誤算。結局そんなホテル暮らし。しっかしこの部屋に先に住んでた韓国人がでなかったら今一体どうなっていたことやら。
[PR]
by kinuta94 | 2007-10-15 00:48 | 南昌_Nanchang
<< 学了写信的格式 UNIQLOCK >>